2009年03月28日

観櫻火宴-その2

雲仙

明けて祭本番当日。
午前中は、時間があったので雲仙を紹介するために一番有名な「雲仙温泉」に出掛けました。

湯煙が至るところから噴き上がり、何とも地獄絵図が展開されておりました。
温泉処ならではの光景です。


------

元服式

さて、『観櫻火宴』の始まりです。
まず、4時に橘神社に今年中学一年生になった地元の子供たちの元服式が始まりました。男の子は、武者姿になり。女の子は、赤い衣装の武者姿。何とも可愛い光景です。

祭は、この元服式から始まり次第にどこからともなく鎧姿の人々が集ってきます。

集まる武者

可愛いレディースも集まります。

集まるレディース武者

下の写真は、祭のメインの行列です。
実は、この松明行列取材が今回のミッション。

この勢いよく燃える松明は、昭和シェル石油が発売している『エコ灯油』を今年から使用しています。今までの普通の灯油は、松明から沢山の煤(すす)がでて、近隣の住宅や見物している人達が煤だらけになってしまい困ってました。

今年使用する『エコ灯油』は、天然ガスからできているので不純物がほぼ含まれておらず、燃焼しても煤が少ないのが特徴です。

また、臭いも無いので行列の時に石油臭さが無いのも大きな特徴です。

松明武者行列

この『観櫻火宴』は、鎧姿の松明行列では、日本一。

鎧愛好家の方々が、千葉や福井、九州の佐賀、熊本、鹿児島と地方からたくさん来られています。
愛知県豊川市からは、弓の伝統式を披露するためにわざわざ来てくれました。


詳しくは、後日お知らせします。

子供たちの武者行列も勇ましい

子供たちの武者行列も、松明を持つと勇ましい光景です。

posted by タロロ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | エコ灯油